神戸 山口組。 神戸山口組

六代目山口組の「標的」だったと噂される神戸山口組幹部が突如引退…分裂騒動が再始動か

神戸 山口組

5月には神戸山口組から任侠団体山口組(現・絆會)が分裂したことで、事実上山口組は3団体に分裂した。 六代目側はトドメの一撃を、神戸側は起死回生を狙って行動を起こすはずだ。 裁判官から『 暴行を 直接見ていたという人はいないのか』と問われ、『直接は…』と言ったきり検察官が沈黙する場面もあったで」 地元記者 植野会長は昨年6月20日、証拠隠滅の罪に問われた裁判で懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けている。 そして、任侠団体山口組(現・絆會)とは、2017年から2019年末までに8件発生している。 その理由が、正木組長が執行部に対して、総本部長辞任を申し入れたことにあったといわれていたのだ。

次の

六代目山口組vs神戸山口組 栃木“鉄パイプ集団奇襲”の裏側|ニフティニュース

神戸 山口組

ヤクザ事情に詳しい専門家はこのように指摘している。 2017年12月14日. これを受け、神戸山口組側は地裁が判断する前の同月25日、淡路市内にあった本部事務所を閉鎖した。 2018年3月31日閲覧。 お役所街の至近距離にあるためか、住民は「治安は良い」と口を揃え、警察沙汰とは無縁の地域であることを強調していたのだ。 反対組織の六代目山口組の中核、三代目弘道会は神戸山口組とは違い移籍等で構成人員は増え続けている。 結成以後、六代目山口組との抗争状態が続き、発砲や車両突入などの関係が2016年まで20都道府県で49件発生した。 現場となったのは襲われた幹部が所属する組事務所の駐車場。

次の

池田組(神戸山口組)

神戸 山口組

「被害者が自宅付近で車両に乗っていたところ、前後を別の車に挟まれ、降りてきた5、6人の男たちから鉄パイプのような物で襲われたそうです。 しかし、六代目体制下での弘道会中心の人事が、そもそも分裂の要因の一つであるため、今後はよりバランスに配慮した執行部人事が求められるだろう」 同 分裂問題の終結自体、そう遠い将来ではないとみる宮崎氏だが、最後にこう警鐘を鳴らした。 「その後、尾ヒレがついたように、高橋会長だけでなく、どこどこの親分も引退するようだ、いや、あの幹部も一緒に辞めるようだ、といったようなさまざまな噂が流れていました。 22 2011年• 極道業界に詳しい作家でジャーナリストの宮崎学氏は、そのとき「山口組の七代目人事」について、現実味を帯びた議論が行われると予想する。 せやから、起こるべくして起きたといえ、今の移籍とは意味が違うんや。 そして二代目中野組・小嶋恵介組長が、神戸山口組組長から見ると「子」の立場である若い衆から、「弟」の立場になる舎弟に直ったというのである。 組長 役職 氏名 生年 出身団体 在任期間 六代目山口組組長 1942年01月2日 弘田組、 名古屋市中村区 2005年7月- 組長代行(舎弟) 1937年7月20日 - 2018年5月9日 國領屋下垂一家、 浜松市中区 2005年7月- 執行部 役職 氏名 二次団体 本部 若頭 三代目(総裁) 名古屋市中村区 舎弟頭・九州ブロック長 青山千尋 二代目 福岡市中央区 統括委員長(舎弟) (本名:姜弘文) 大阪府東大阪市 本部長・中国・四国ブロック長 森尾卯太男(本名:服部盛夫) 鳥取県米子市 舎弟頭補佐 鈴木一彦 北海道旭川市 若頭補佐・関東ブロック長 本名 : 丸橋芳夫 五代目 東京都台東区 若頭補佐・関西ブロック長 江口健治 二代目 大阪市浪速区 若頭補佐・東海ブロック長 高木康男 (本名:陣内唯孝) 六代目 静岡市清水区 若頭補佐・中部ブロック長 三代目 名古屋市中村区 若頭補佐・北陸地区長 野村孝 三代目 大阪市北区 若頭補佐・阪神・中国地区長 安東美樹(本名:安妟行) 二代目 兵庫県姫路市 若頭補佐 津田力(本名:津田智加良) 四代目 和歌山県和歌山市 若頭補佐 薄葉政嘉(本名:薄葉暢洋 十一代目 愛知県豊橋市 舎弟 役職 氏名 二次団体 本部 最高顧問 川合康允 岐阜県大垣市 顧問 青野哲也 七代目 浜松市南区 幹部 役職 氏名 二次団体 本部 幹部・組織委員長 高野永次(本名:高次龍) 三代目 大阪市中央区 幹部・北海道地区長 茶谷政雄(本名:茶谷正夫) 札幌市白石区 幹部 富田丈夫 浜松市中区 幹部 清田健二 十代目 愛知県瀬戸市 幹部・組長付 薄葉政嘉 十一代目 愛知県豊橋市 幹部・慶弔委員長 能塚恵 三代目 大阪市中央区 幹部・組織委員 秋良東力(本名:金東力) 大阪市浪速区 幹部・四国地区長・組織委員 加藤徹次 本名:加藤徹司 六代目 高知県高知市 幹部 生野靖道(本名:生野靖一) 四代目 大分県大分市 兵庫若中 役職 氏名 二次団体 本部 若中 野元信孝 三代目 神戸市中央区 大阪若中 役職 氏名 二次団体 本部 若中 布川皓二 本名:布川耕治 二代目 大阪府大阪市 若中 里照仁 本名:照屋里美 二代目 大阪府大阪市 若中 山下昇(本名:森尾昇) 大阪府東大阪市 若中 鈴川驗二(本名:鈴川憲司) 六代目 大阪府大阪市 若中 吉村俊平 本名 : 山口俊平 四代目 大阪府大阪市 若中 新井錠士 本名 : 松岡錠司 二代目 大阪府大阪市 若中 金田芳次 本名 : 金芳次 二代目 大阪府大阪市 若中 植野雄仁(本名:金奎轍) 二代目 大阪府大阪市 他都道府県若中 役職 氏名 二次団体 本部 若中 良知政志 静岡県吉田町 若中 北島虎 本名 : 北嶌延幸 二代目 愛知県名古屋市 若中 貝本健 愛知県名古屋市 若中 篠原重則 二代目 香川県高松市 若中 田保伸一 二代目 石川県金沢市 若中 落合勇治(本名:落合益幸) 二代目 静岡市駿河区 若中 田中三次 三代目 熊本県熊本市 若中 田堀寛 二代目 愛知県名古屋市 若中 塚本修正 静岡県富士市 若中 一ノ宮敏彰 本名 : 一ノ宮敏哲) 福岡県福岡市 若中 高山誠賢(本名:姜義幸) 滋賀県大津市 若中 山嵜昌之 三代目 横浜市中区 若中 浜田重正 二代目 横浜市中区 若中 波入信一 本名:李人言 七代目 福島県会津若松市 若中 中山和廣 三代目 愛媛県今治市 若中 佐藤光男 東京都渋谷区 若中 井上茂樹 二代目 岡山県岡山市 若中 渡部隆 四代目 北海道札幌市 若中 平松大睦 二代目 新潟県新潟市 若中 小林良法 三代目 徳島県徳島市 若中 森健司 本名 : 森健次 三代目 愛知県名古屋市 若中 杉山志津雄 本名 : 杉山静夫 三代目 三重県四日市市 他団体関係 友好団体 率いる六代目体制に入って以降の山口組は、『盃外交』と呼ばれる活発な他団体交流を展開し、かつての反目組織をすら含む日本各地の暴力団組織と友好関係を築いてきた。

次の

池田組(神戸山口組)

神戸 山口組

コメント数:• その際にも、寺岡会長は終始、筆者の親分を親愛の情を込めて「兄弟」と呼び続けたのである。 85 1990年• 2005年4月、六代目に参画。 その活動はの記者でさえ『半端なものではなかった』と言わしめた。 この事件は以後の組織に混迷をもたらす未解決の懸案事項となった。 今回の髙橋幹部の引退により、最も多かった時期の直参28人から23人に減少。

次の

六代目山口組の「標的」だったと噂される神戸山口組幹部が突如引退…分裂騒動が再始動か

神戸 山口組

1-40. それだけ神戸山口組にとって重要な事項があったということだろう。 しかし、今は事務所に使用制限がかけられているなどするため、そうした取材もできない。 これまで定例会が開催される日は、遠方であることを配慮してか、札幌市に拠点を置く青木和重幹部率いる五龍会が前乗りして事務所当番に入っていることが多く、この日も五龍会の組員らが当番にあたっていた。 地元では混乱が起きたのか、乱闘騒ぎののちも小競り合いが頻発していたという。 72 2008年• 日本全国に散らばるこれら直系組織は「関東・北海道」、「中部」、「大阪北」、「大阪南」、「阪神」、「中国・四国」、ならびに「九州」という7つのブロックに分かたれ、各ブロックの長は執行部から選出される。 そうなれば、今は禁断とされる条件もテーブルに乗るかもしれん。 裁判官から起訴内容について問われた植野会長は、証言台の前でしばらく沈黙したのち「間違いありません」と認めた。

次の

“寝返り”山健組・中田組長逮捕で神戸山口組は存続危機|日刊ゲンダイDIGITAL

神戸 山口組

2016年4月14日閲覧。 「今年で77歳になり、年齢も考慮して引退を決断した可能性もあるが、何より、全幅の信頼を置く大瀧会長に組織を任せ、もうやり残したことはないという心境なんやないか。 初公判もまだやし、勾留は長引くことになりそうやけど、山健組組員は親分が現場復帰するまで、何が何でも踏ん張るやろ。 外に接するに愛念を持し信義を重んず• 極力関わりたくないという態度で、それも頷けるほど暴力的な光景を目にしていた。 平成21年、瀧澤総長の引退により國領屋一家 現・戸塚幸裕二代目 が誕生すると、自身が率いた大澤組の跡目を譲って業界から引退。

次の

神戸山口組を研究する会

神戸 山口組

議論はを参照してください。 山健組だけやなく、宅見組からも組員が引き抜かれたんは驚きやった」 ベテラン記者 入江副組長は山口組分裂の首謀者の一人といわれ、発足当初から執行部メンバーとして重要な役割を担ってきた。 宮崎県宮崎市では、平成28年8月に六代目山口組・四代目石井一家 生野靖道総長=大分 の元関係者が、神戸山口組・池田組 池田孝志組長=岡山 の傘下組員らと揉み合いになり、腹部を刺されて死亡する事件が発生。 三代目 - 組長・串田芳明は司忍の代紋違いの舎弟。 井上邦雄組長 の直系組長が、また1人、組織を去ることになった。 最新小説『』が発売中。 その後の六代目山口組の分裂に伴い、 神戸山口組傘下となった雄成会だが、その高橋会長が、ゴールデンウィークの明けた5月7日夕刻に京都府警を訪れて、引退を表明したのである。

次の