ソレッソ 熊本。 熊本小学生サッカー応援2

【第37回全日本少年サッカー大会】熊本県大会 決勝レポート「同門対決を制したソレッソ熊本U

ソレッソ 熊本

ソレッソは全国大会。 指導者により練習もサッカー自体もかわります。 「普段一緒にトレーニングしているFの子たちのいい守備に苦しみましたが、いい試合をしてくれました。 必然的に元気な子供さんが多いのでこの時点での素材からの差もあり。 でもFの三角将行監督とも『ぬるい試合をしても誰も満足しない、がっつりやろう』と話して、両チームともいい試合をしてくれたと思います。 All Rights Reserved. レベルアップすることは、所属チームにとっても大きな力になることでしょう。 責任を持って鍛え、日本一を目指したいと思います。

次の

【第37回全日本少年サッカー大会】熊本県大会 決勝レポート「同門対決を制したソレッソ熊本U

ソレッソ 熊本

熊本県代表として頂点目指し頑張ってほしいです。 しかし16分、相手陣内に侵入したソレッソVは、キャプテンのFW松岡大起くんがペナルティエリアの外からミドルを決めてついに先制。 さらに終了間際の40分、右から左へと大きく展開し、ファーから斜めに入ってきた森勇斗くんが決めてダメ押し。 指導力?とても難しい質問ですが、 公式戦で勝つのはやはりどんな強いといわれている チームでも難しいと思います。 2013年• 2012年• 同門対決を制したソレッソ熊本U-12Vが4連覇を達成! 全国大会でも上位進出を目指す 6月23日(日)、「第37回全日本少年サッカー大会熊本県大会」の最終日(準決勝、3位決定戦、決勝)が熊本市東区のパークドーム熊本で開催され、決勝大会出場をかけて熱い試合が繰り広げられた。 決勝戦まで無失点できたんですが、最後に1点取られた相手がFの子たちで良かった。

次の

熊本小学生サッカー応援2

ソレッソ 熊本

「熊本から世界へPROJECT」は、2020 - 2021年度もプログラムの向上を目指し、選手の成長、飛躍ののために取り組んでいきます。 2017年• 発奮材料になってくれる事を期待して さっそく、目の色変えてやってた子 何も感じてない子 最初はやってたが、時間の経過とともに薄まっていった子 様々だったな 随時入れ替える気マンマンなんだが、本人達の意識と行動が変わらなきゃ意味がない 人数が少ない中でも競争ってのはある みんな仲良くめっちゃ楽しくは大事であり大切にしているが、 俺は競技スポーツを教えてる以上、平等はないと思ってる 試合時間の確保は預かっている以上、最大限努力するが すべての試合に全員を出すって事はない 例えば、1日4試合やれば、 この試合にこいつを使って、この試合は出さないどこうかなってな感じ 自分が出たい試合、出たいポジションでやるには勝ち取るしかない それが、競技スポーツってもんであり、すべての試合で勝利を目指すのは必須である いつやるの? なら、 今でしょ! 答えはこれしかない。 1対1や玉際が厳しく、勝負強いですよね。 2015年• 日本代表、そして世界で活躍するという夢を実現し、未来を変えていくためにもプロジェクトへの挑戦をお待ちしています。 後半に入るとソレッソVの出足が良くなり、25分、右からのCKを再びキャプテンの松岡くんが決めて2-0に。 公式戦で緊張する子供もいるだろうし。 ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。

次の

発奮

ソレッソ 熊本

大会を通じて自信と力をつけてきたソレッソFの健闘で、決勝戦は拮抗した展開となった。 そんないろんな子供がいるなか、モチベーションを そこに持っていける、テンションをあげさす、 戦える雰囲気にするって技術はやはりあるのではないでしょうか。 意識の高い選手たちとプレーを共にすることにより刺激を受けることは、才能に磨きをかけるためにとても重要です。 ソレッソVのMF宮部拓人くんが左から持ち込んだ13分の場面もきっちり防ぐ等、守備でリズムをつかんだソレッソFが徐々にペースを握っていく。 はじめて1点取られましたが、相手がFで良かった。 今朝、熊本の事務所に朝早く出社したら すでに、 「ぬあっ」 「んぐっ」 「おりぇっ」 って、三角・リョウ・ヒデは筋トレやって 龍は走ってた みんな、アホやな って俺も、すでに走って今から筋トレなんだが、笑 アホ代表で頑張ろうかね 月別アーカイブ• 2:興味あり数回練習みましたが、停学年時からのパス練習のスピードが早く、必然的にコントロールも上手くなっているようでした。 いい守備からいい攻撃が生まれるということを言いながら指導してきて、Fの子たちも普段一緒にトレーニングをしています。

次の

【第37回全日本少年サッカー大会】熊本県大会 決勝レポート「同門対決を制したソレッソ熊本U

ソレッソ 熊本

2016年•。 27分の大沼優太くんの中央からのシュートは枠を捉えなかったが、33分、右からのクロスを中央に入り込んだ中井研太くんが押し込み1点差に詰め寄った。 2010年• 昨日、綾支部代表の大隈と連絡をやり取りしていた 「昼飯でも食いにいこうか」って伝えてしばらく経っても来ない その前に前田がやってきて、 大隈その辺にいなかった?って言っても見てませんって また、しばらくして、大隈が前田に連絡してきて 「迷った、、、、。 結果、4-1でソレッソFをくだし、熊本県予選史上はじめての4連覇を達成した。 5:公式戦で、監督さんの修正(指示)もメンタルからやり直して、それをさせる子供達の技術・心の強さもあり、最終的には勝利している感じがします。

次の

熊本小学生サッカー応援2

ソレッソ 熊本

また、このプロジェクトは、それぞれのチームに所属しながら参加します。 2020年• 責任を持って鍛え、日本一を目指したい」と広川靖二監督。 上学年試合時の低学年の応援もまとまりがあり、クラブの結束力も強いと感じます。 影響力的には上記を実現させるコーチ陣が大きいのですかね? ながながとすみませんでした。 前半は1-0で折り返した。 このプロジェクトは、熊本から世界で活躍する選手を育成することを目的とし、秀でた才能持つ子供、 そして隠れた才能を秘めた子供たちの無限に広がる可能性を最大限伸ばしていくための特別なプログラムです。 2011年• 大会を通じて勢いをつけてきたFの守備に苦しめられましたが、後半は狙い通りのことができました。

次の